口コミで人気の八王子市内の注文住宅業者を比較

極端に安い注文住宅の工務店は避けたほうがいい?

    

極端に安い注文住宅の工務店は避けたほうがいい?

 

 

住宅を探していると、設計図が似たような感じでも各社によって建築費用にかなりの差が出ることがあります。
何にそこまでお金がかかっているのか気になったことはありませんか?
注文住宅を、できれば格安な工務店にお願いして建てたいと思っている方向けに、極端に安い格安住宅のメリットとデメリット、質が良くて安い住宅の見分け方をご紹介します。

 

近年人気のローコスト住宅

ローコスト住宅という名前を聞いたことはありませんか?

ローコスト住宅の明確な定義はありませんが、世間では格安な住宅というイメージでしょう。
安い値段で、家が手に入るならそれでいいという考え方もありかもしれません。

しかし、住宅は何十年も住み続けるものです。
自分が住むかどうかはわからなくても、他の人に売ったり出来ますよね。
ローコスト住宅のなかには、安かろう、悪かろうといった品質の住宅が残念ながら混ざっているというのが現状です。

ただし、最低限の品質はクリアできています。
行政による建築確認や各種検査などはクリアできているわけですから、ローコスト住宅だからと言って住めないようなどうしようもない品質の家ができるというわけではありません。

一般的なローコストで、なおかつある程度の品質を確保できている住宅は、構造面ではコストカットせずに、内装や設備機器で一般的なものを選び、設計プランをあらかじめ決めておくことでコストカットをしています。

 

ローコストにできる理由

主に内装材や、設備機器に一般的なグレードのものを導入し、間取りはあらかじめ決めておくことで材料をまとめて発注することができます。
設計に時間がかからないという点で人件費を節約できますし、同じ材料を大量に仕入れることで割引きを効かせています。
結果的に、ローコストになるというわけです。
考えてみましょう。

例えばマンションはあらかじめ間取りが決まっていますよね。
内装はある程度選べるかもしれませんが、完全自由設計ではありません。
ローコスト住宅は、どちらかといえばマンションを買うときの感覚と似ていて、あらかじめ決まっている枠の中から選びます。

完全オリジナルにする必要はない、一般的な住宅が欲しいと思うならローコスト住宅でも十分満足できるかもしれませんよ。
また、住宅展示場に出展しない、広告を撒かないなど、お店の経営面での努力を、建築価格の安さに反映していることもあります。

 

ローコスト住宅は質が悪い?

基本的に、質がある程度良いローコスト住宅は、結果的にローコストになっているだけであって、質が悪いわけでは決してありません。
ただし、予算を削っているわけですから、最高級のグレードのものを作りたいという要望にはあっていないということなのです。

ローコスト住宅が得意なメーカーにも、それぞれに専門分野があります。
断熱が得意な会社、太陽光発電システムを導入して電気代を削減することが得意な会社などです。
ローコスト住宅を検討する際は、必ず複数の工務店やハウスメーカーに相談をしてください。

比較することで、得意分野が見えてきたり、メリットやデメリットを発見できるでしょう。
広告では安く建てるようなことが書いてあっても、実際はそうでもなかったり、地域によって費用に差が出ることがあります。
極端に安い注文住宅の工務店の広告は鵜呑みにせず、興味があれば冷静に話を聞いて見ることから始めてください。

 

まとめ

極端に安い注文住宅の工務店は、どうしてその金額になっているのか話を聞いて見る必要があります。
経営努力でその値段になっているのか、材料をグレードダウンしているのかなど、話を聞けば教えてくれるでしょう。
また、いくつかの工務店やハウスメーカーに、お互いのライバル会社について聞いてみてはいかがでしょうか。

デメリットを教えてもらえるはずです。
ローコストで建てたが、アフターメンテナンスがイマイチ、維持費が高いなどという問題点があると思ったよりローコストにならないかもしれませんよ。