口コミで人気の八王子市内の注文住宅業者を比較

注文住宅にオススメのオプションとその費用

    

せっかくマイホームを持つことにしたのなら、自分や家族の思い通りの家にしたいところです。そのため、建売住宅を探すのではなく、注文住宅を使用するという選択になると思われます。その場合、基本的な家の構造やどのような間取りにするかといったことは、建築の専門家と話し合いながら進めることになるでしょう。

 

 

 

せっかくだから希望することは全部伝えてみよう

八王子で既に出来上がった建売住宅を買ってマイホームを持つのではなく、自分のこうしたい、ああしたいという希望を詰め込んだ念願のマイホームを建てるとなったら、やはり妥協することなくいろいろと注文を付けたいところです。とはいえ、家族がいればそれぞれに希望が生まれますので、こうしたいという項目が増えていってしまいます。増えれば増えるほど予算が上がっていくのは目に見えていますので、ある程度重要な部分だけに絞り込むことも必要となってきます。

そのためには、家族全員で使うことができ、みんながその便利さやお洒落な見た目、さらには設備があることに満足できるものに絞り込むことが重要です。この絞り込む作業は、業者に頼む前に家族全員で話し合って決めることになりますので、先にある程度どのようなオプションを望むかということを決めておくと、業者との打ち合わせがスムーズに進むと考えられます。

 どのようなことに人気があり、注文が多いのか

住宅を建てるにあたって、こうしてほしいという注文が多い要素にはどのようなことがあるのかを知ると、なるほどと思わせられ、では我が家もそうしようということになると思われます。人気のある要望としては、家が出来上がってから収納のための家具を置かずに済むウォークインクローゼットです。何もない状態だと広く感じていたのに、家具をおいたとたんに狭苦しい感じになってしまったという状況を避けることができるウォークインクローゼットは、注文する人が多い一番手と言えます。

クローゼットには扉が付いていますので、最初から空いた空間としてとらえることがないため、家の中の広さは最初に感じたままで確保できます。また、家具を置かなくて済むので、家具を買うための出費がいらないところもメリットです。もちろん、その分だけ建築費用は増えるのですから、同じといえば同じなのですが、後で家具を購入するのと最初から建築費用に含んでいるのとでは、出費額の増加がはっきりしない分、気が楽なところがあります。

家具を置かずに済むインテリア性ある収納スペース

物が散らかりがちになるリビングには、どうしても収納家具を置いてしまいがちですが、家具を置くことによって空間が狭くなってしまうのは家のどこにおいても共通しています。そのため、最初から家具を置かずに済むように家を作ってもらうのが理想的でしょう。家具を置かないということであれば、壁面はすべて空くことになりますので、壁を収納スペースにしてもらうのがおすすめで、近年、もっとも人気のあるオプションとなっています。

壁に作られた収納棚をフル活用してびっしりと本で埋め尽くす本棚にしてもいいですし、家族みんなが見られるよう、DVDなどを保管するのにも適しています。また、実用的な収納スペースにするのではなく、飾り棚として使うことにより、生活感を感じさせない素敵なインテリアのリビングにすることも可能です。エリアごとに分ければ、実用的に使う部分とそうでない部分とにすることができるでしょう。シンプルなオープンシェルフだけなら、それほど費用も高くならないことから、別途家具を買うよりも安く収納スペースを作ることが可能だと思われます。

 

八王子の注文住宅でも、もっとも人気のあるオプションはといえば、やはり増えがちなものをいかにスマートに収納できるかという収納スペース作りとなります。ウォークインクローゼットや壁全面を収納棚にするといった注文は比較的多く、費用面でもそれほど高くならないのが魅力といえます。