八王子市の注文住宅業者ランキングBEST15!口コミ等の評判もあわせて紹介します!

大久保工務店の画像

大久保工務店は、予算と自然素材にこだわる工務店です。「予算が少ないから、満足いく注文住宅が建てられない」も「注文住宅に予算をつぎ込みすぎて、住み始めてから節約生活」も避けたいですよね。「建築費用について腹を割って相談しながら、自然素材にこだわった家を建てたい」という方におすすめですよ。
 

 

会社名 大久保工務店 株式会社
所在地 〒192-0912 東京都八王子市絹ヶ丘2-2-1
TEL 042-635-7322
営業時間 9:00~17:00
定休日 日曜・祝日
代表者 代表取締役 大久保 篤
設立 昭和35年(1960年)4月
資本金 10,000千円
免許・許可 建設業 東京都知事許可(般-28)第2260号
二級建築士事務所 東京都知事登録 第12547号
事業内容 新築・リフォーム
大久保工務店の画像

大久保工務店

パッシブデザインを取り入れた自然素材住宅

公式サイトで詳細を見る

パッシブデザインにこだわった大久保工務店の家づくり

大久保工務店の画像

大久保工務店は「パッシブデザイン」を取り入れた家づくりを大切にしています。パッシブデザインとは、太陽に素直な設計のこと。つまり「冬は太陽の光を取り入れて暖かく、夏は太陽の光を遮って涼しい」家を目指すデザインです。冬の太陽光は夏に比べてかなり弱そうに思えますが、実は南にある大きな窓から入ってくる冬の太陽光は、こたつ約1台分の熱量があるそうです。気持ちよさそうですよね。

反対に夏に南の窓から太陽光がたくさん降り注いだら、きっと窓際に立てないくらい暑いですし、冷房代もかさみそう。対策として南面の窓に庇(ひさし)をつけたり、アウターシェードをとりつけたり、南以外の窓はできるだけ小さくするなどの工夫ができます。これらのことを織り込んで設計に反映するのがパッシブデザイン。自然の力を上手に利用させてもらい、また上手に逸らすデザインともいえそうです。

高機能で高価な断熱材を用いなくても、自然の力を活かす設計をおこなうことで快適性を高めることが可能だなんて、とてもお得に感じますね。「見つけた土地は、南側に建物があって、採光はとれないんじゃないかな」という場合でも、パッシブデザインに精通した大久保工務店なら大丈夫。吹き抜けをつくったり、リビングを2階にするなど、さまざまな提案をしてくれます

大久保工務店はこだわりの自然素材が標準仕様

大久保工務店の画像

大久保工務店は「住んでいて気持ちのいい家」を目指し、「自然素材」を標準仕様にしている工務店。内装材も家の価値を決める重要なポイントだと理解しているからです。自然素材が標準仕様ということは、最初から自然素材に予算が配分されているということ。

そのため「プランを立てはじめてから、予算が足りなくなって自然素材を諦める」という事態にはなりえません。ちなみに「自然素材」というとまず「無垢材のフローリング」が思い浮かぶ人が多いと思いますが、大久保工務店はフローリングだけではなく、壁にもこだわっています。大久保工務店が持つ、自然素材のフローリングと壁へのこだわりを紹介します。

■フローリング
大久保工務店のフローリングは無垢材。無垢材とは伐採した木をそのまま切り出して使う木材のこと。接着剤は使っていません。大久保工務店では、一般的な「接着剤を使ってつくった合板フローリング」は床材として使用せず、品質の確かな無垢フローリングを使用しています。

無垢フローリングに対して「反って変形する」「割れる」というマイナスイメージを持っている人も少ないのですが、実は無垢材のトラブルはかなり少ないです。理由は加工技術が進歩しているから。大久保工務店では品質の良い木材を丁寧に加工することで、トラブル発生率をできるだけ抑えてようとしています。丁寧な施工が必要なので、一般的な合板フローリングよりは工期もコストもかかるのですが、やはり無垢材の心地よさは格別です。

■壁
大久保工務店の壁は、布クロスや塗り壁です。日本にある住宅の95%以上が壁にビニールクロスを使用していますが、大久保工務店が提案するクロスは「布クロス」。ビニールクロスに比べて丈夫で、力の強い男性でも手でちぎることができないと言われています。

また大久保工務店では、調湿性の高い塗り壁が標準仕様。3種類の塗り壁が用意されており、希望する調湿性や予算によって選ぶことができます。自然素材の中で、予算によって種類を変えられるのは嬉しいですよね。

大久保工務店独自の冷暖房計画により機能性とコストダウンを両立

大久保工務店の画像

「自然素材っていいけれど、風通しがよすぎたりしない?」「夏の猛暑にも耐えられる?」と疑問に思っている人もいるかもしれません。大久保工務店では気密性や断熱性を確保し、パッシブデザインを活用し、さらに独自の冷暖房計画によって住宅内の快適性をキープ。大久保工務店の「独自の冷暖房計画」について説明します。

■暖房(床下エアコン)
大久保工務店の住宅は高気密高断熱でつくられ、さらにパッシブデザインにより冬に太陽光をしっかり取り入れられるつくりになっています。するとなんと床下エアコン1台でも家全体を十分に暖めることが可能です。

「信じられない」と思いますが、大久保工務店ではきちんと「家の性能」と「家が建つ地域の気温」に基づいて計算を行います。計算をもとに、家を暖めるのに必要なパワーをもつ床下エアコンを選定します。

「じゃあ、すごくパワーが強くて高価なエアコンが必要なんじゃない?」と思いますよね。しかし実際のところ、家の広さやデザインにもよりますが、14~18畳用エアコン1台のみで、家全体を暖めている住宅が多いそう。驚きですよね。1階の暖かさが2階にも伝わるので、2階も快適に過ごせます。

■冷房(小屋裏エアコン)

大久保工務店の冷房は「小屋裏エアコン」です。最近は「全館空調システム」が流通しはじめていますが、全館空調システムは100~150万円以上ととても高価で、予算に余裕がないと導入できないでしょう。

そこで大久保工務店が採用したのは、導入費用が少なくすみ、故障時などのメンテナンス費用も低く抑えられる「小屋裏エアコン」。社外の専門家から指導を受けて設計・設置しているため、エアコン1台の稼働で快適に過ごせます。電気の使用量が減って環境に優しく、電気代も安くなるため家計にも優しいのが特徴です。

大久保工務店のまとめ

大久保工務店は自然素材を標準仕様としている工務店です。パッシブデザインや独自の冷暖房計画などを駆使し、自然に寄り添い人に優しい家が建てられるでしょう。施主の予算計画も大切にしている工務店なので、公式サイトには建築費用の目安が明示されています、ぜひ一度確認してみてください。「これなら自分たちの予算でも、憧れの自然素材の家が立てられそう」と思ったら、資料請求や見学会への参加をおすすめします。

大久保工務店を利用した方の口コミ・評判を集めてみました!

30代女性

昨年家を建ててもらいました。
土地探しから親身になってお付き合いくださいました。小さな子を連れての打ち合わせも、子どもが飽きないようにとおもちゃやDVDなどを用意してくださり、とても助かりました。

住んで半年経ちますが、住み心地もよく、アフターケアのご相談も出来るという安心感があります。
いつも、ありがとうございます。

引用元:https://www.google.com/maps

→住宅を建てるときは、土地探しも非常に大切な作業となります。特に各地域の特徴をより良く把握している会社であれば安心できます。

大久保工務店は土地探しの時点からお客様に対して真摯に対応していることが分かります。また小さなお子様がいる方でも、子どもが飽きないようにする工夫もしっかりと施されているため、相談しに行きやすいでしょう。

アフターフォローについても気軽に相談できていることから、大久保工務店はお客様一人ひとりとしっかり向き合い、コミュニケーションを大切にしている会社であると言えます。

30代男性

2年前に家を建ててもらいました。社長さんをはじめ奥さんや働いてる方皆さん良い方です。
家も理想に近づくまで熱心に考えてくださり、とても住みごこちの良い最高の家を建てることが出来ました。

引用元:https://www.google.com/maps

→注文住宅業者を選ぶにあたり、スタッフの対応の良さや会社の雰囲気などは非常に重要なポイントとなることでしょう。お客様にとって良い方ばかりだと思えるという点から、人柄の良いスタッフが多く在籍していると予想できます。

また夢のマイホーム実現を叶えるために、熱心に耳を傾け、理想の住まいのために全力で向き合ってくれる会社だと感じます。久保田工務店であれば、住み始めてからも非常に満足のいく住まいを建てることができるでしょう。

サイト内検索
記事一覧