八王子市の注文住宅業者ランキングBEST20!口コミ等の評判もあわせて紹介します!

ヤマト住建の画像

玉川ハウジングは、千葉県内で1,000棟を超える実績を持っています。伝統を大切にしつつ新しい技術も進んで取り入れることで、安心・安全な住まいを追求し続けています。また、2階建てや3階建て、ひらやだてなど様々なプランが用意されており、それぞれのライフスタイルに合わせたマイホームを実現します。

玉川ハウジングの住み心地・性能とは

ヤマト住建の画像

玉川ハウジングは質の高い住宅造りを目指しており、その仕様はとても充実した内容となっています。ほとんどの場合オプションも必要なく、また、自由設計のため様々な希望に対応可能です。

■ZEH(ゼッチ)とは?

ZEH(ゼッチ)とは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略です。断熱性を高め、省エネ機器を採用した住宅のことを指し、冷暖房費・光熱費を抑えることを可能とします。また、毎日の暮らしに必要なエネルギーは太陽光発電によって賄います。災害による停電時でも太陽光で自家発電でき、日常生活に必要な電気を確保することが可能です。1990年代の平均的な建物と比較すると、ZEHの住まいでは水道光熱費が年間20〜30万円安くなります。

玉川ハウジングでは2020年度版から全てのラインナップでZEH対応の仕様となっています。太陽光発電については別途料金が必要となりますが、初期負担を0にして、10年間の余剰電力をその支払いに充てる、というプランも用意されているのが特徴です。10年経過後は売電料に関わらず、支払いは終了となります。地球に優しく、家計にも優しいZEHは、今後の住宅のスタンダードとなっていきます。

■骨太構造

安心の住まい造りを目指す玉川ハウジングでは、構造面を最重要ポイントとしています。各工程で検査を行い、現場管理を徹底しています。桧4寸角を使用した耐久性の高い土台・床組みに加え、構造躯体全てを4寸材で組み上げることで、本物の「骨太構造」を造り上げています。

■東濃桧

木造住宅にとって柱や土台などの構造材は、家の寿命を左右する大きな要素です。太平洋沿岸の気候の特徴である、「夏は高温多湿で、冬は乾燥している」という環境は、木材にとって良いものであるとは言えません。だからこそ、安心して暮らせる住まい造りには、耐久性に優れた木材を使用することが必要不可欠なのです。

玉川ハウジングでは、家の構造部分に最も適している木材は「桧」であると考えています。桧には湿気に強い、虫害が少ない、強度が高い、といった特徴があり、建築資材として非常に優れています。特に耐久性という面では、建築後に経年的に強度を増していくという性質があり、新築時よりも30年後、50年後の方が強くなると言われています。玉川ハウジングは市場や製材所、工場と提携することで、良質な東濃桧を安定して仕入れています。

■自然素材

玉川ハウジングは自然素材を使った家造りを得意としています。木材や塗り壁材は吸放湿性が高く、室内を過ごしやすい環境に保ってくれます。また、桧や杉などの無垢材には、「フィンドチット」と呼ばれる森林浴効果を感じられる物質が含まれており、マイホームにいながら大自然の空気を感じることも出来ます。

■防音室

玉川ハウジングでは、防音の仕組みを理解することによって、一般的な建築資材を使用してリーズナブルに高い防音性を確保しています。質量の大きな遮音壁や、音の伝達を断つ二重壁などをベースにして、それらを組み合わせていくことで様々なレベルの防音環境を造り出すことが可能です。

ヤマト住建の画像

玉川ハウジング

千葉県内で1,000棟を超える建築実績

公式サイトで詳細を見る

玉川ハウジングの住宅シリーズ・ラインナップ

ヤマト住建の画像
玉川ハウジングの住宅には、大きく分けて5種類のシリーズ・ラインナップがあります。

■スペイシャスホーム

スペイシャスホームは、家族の理想を形にする自由設計の注文住宅です。規格住宅では実現できない自由度があり、敷地条件や家族構成、予算などを考慮した上で、細やかな希望もひとつにまとめ上げて納得いくプラン造りを目指しています。よりよい資材の取り入れや、建築基準の変更などにも対応し、仕様は年々変化し見直されています。土台と柱にはこだわりの東濃桧を採用しています。

■スペイシャスホームベーシック

スペイシャスホームベーシックは玉川ハウジングのベストセラーです。スペイシャスホームの理念と基本構造を引き継ぎ、コスト面にも配慮した仕様となっています。土台と柱には国産桧を使用しており、標準仕様のままでも十分に快適・安心の住まいを実現することが可能です。また、玉川ハウジングにて施工可能な全てのオプションに対応しているため、シンプルなものからこだわりの住まいまで、それぞれの希望を盛り込んでいくには最適なベースとなっています。

■ひらやだて

平家建てには、最も室内事故が多いとされている階段がありません。災害時にも脱出しやすく、安全性がとても高いのが特徴です。庭との繋がりを感じる開放的なリビングや勾配天井など、平家建ての暮らしには魅力が多く、底堅い人気があります。また、一家族の人数が少なくなっている近年のトレンドとして、小規模な住まいでありながらも、居室や水廻りには十分なスペースを確保したコンパクトな平家が注目されています。

■ひらやだてプラス

ひらやだてプラスとは、平家建てに小屋根裏部屋をプラスした仕様の住宅です。急勾配の屋根は外観のアクセントとなり、大きな存在感を放ちます。基本的な生活空間は全て1階に配置し、趣味室や予備部屋として小屋裏を使用することで、ゆとりと遊び心のある住まいを実現しています。

■アーバンホーム

アーバンホームとは、玉川ハウジングの骨太構造が可能にした木造3階建て住宅です。都市部に多い狭小地をうまく利用しつつ、多世帯の同居や、1階をピロティや店舗として使用するなど、それぞれのニーズに対応した自由設計の住まいを造ることができます。骨太構造により強い耐震性を備えており、揺れに強く、歪みの少ない造りとなっています。

玉川ハウジングのまとめ

玉川ハウジングの住宅にはバラエティに富んだ様々なラインナップが用意されており、家族の夢を叶える住まい造りを実現しています。「骨太構造をはじめとした安心で安全な住まい」、「納得のいくプラン造り」、「明確な仕様と価格」の3つを柱としながら、時代の流れに合わせて新しいものも学んでいく、とても信頼のおけるハウスメーカーですね。玉川ハウジングの造る家は、それぞれのライフスタイルに合わせた質の高い住宅です。

ヤマト住建の画像

玉川ハウジング

千葉県内で1,000棟を超える建築実績

公式サイトで詳細を見る
サイト内検索
記事一覧