注文住宅で憧れのウッドデッキを実現!失敗・後悔しないためには?

公開日:2018/11/01  最終更新日:2020/04/08
    

現代では建売住宅ではなく、注文住宅でマイホームを建てる方が増えています。これは施工主がハウスメーカーや工務店などに住まいの建築を依頼して、じっくりと相談した上で家を建てる住宅のことです。オーダーメイドなので、家の設計やデザインに関しては、施工主の希望が反映されるため、建売住宅にはない大きな魅力があります
オーダーメイドで施工することで、住まいのデザインも内装も設備も全て理想的なものにすることができます。たとえば洋風のウッドデッキなどを備え付けることも可能となるわけです。
そこで、今回は注文住宅のオプションとして用意されているウッドデッキについてご紹介したいと思います。

 

自分の暮らしの理想を叶える注文住宅

マイホームの購入は、人生の中で最も高い買い物になる、非常に大きなライフイベントになることでしょう。マイホームの購入にも様々な選択肢があり、建売住宅や中古物件、あるいは分譲マンションなどがあります。しかし、高額な資金を投じて購入するのであれば、とことん満足度の高い家を手に入れたいと思うものではないでしょうか。
それならば住み人の希望や要望を家に反映できる注文住宅をおすすめします。今、こうした住まい造りの方法が脚光を浴びています。確かに近年は既存の建売住宅や分譲マンションでも、魅力的なものが販売されていますが、細部や内装のデザインなども自分の理想を叶えられるところが人気です。この住まいの造り方はいわゆるオーダーメイドのため、外観、キッチンやリビング、そして庭なども自分の好みで造ることができます。あらゆる要望に応えられる自由度の高さが魅力な注文住宅は、こだわりがある方でも満足できる家づくりの方法と言えるでしょう。

注文住宅で最高のライフスタイルを演出できる

オーダーメイドで造る注文住宅は、建築時に使用する資材をある程度自由に選ぶことができます。たくさん種類がある資材の中から、自分の好みの色合いや仕上がりに応じて資材を選べる点は、建売住宅では叶えられないことです。また、資材を選ぶ以外にも予算を計算しながらできるという点もメリットとして挙げられます。自分の好みの雰囲気で仕上げるためにも、こだわりたい部分にはしっかり費用をかけることができ、特にこだわりがない部分には費用を安く抑えることが可能なのです。
資材の選択や予算の調整以外にも注文住宅を建てるメリットはありますが、やはり設計における自由度が高いという点が一番大きなメリットではないでしょうか。例えば、家の間取りや設備だけではなく、細部にも自分たちの希望が反映され、希望通りの内装にすることが可能です。勿論、住まいの内装を思い通りにするだけではなく、家の外観デザインなども好みのデザインにできます。最近では、住空間と庭との間におしゃれなウッドデッキを備え付ける家も増えており、お洒落でオリジナリティ溢れるライフスタイルを作り出す方が多くなってきています。オーダーメイドで造る注文住宅は、住みやすさとオリジナリティがある住まいが簡単に実現できます。

ウッドデッキがあれば楽しさは倍増

部屋と庭の間にワンポイントのウッドデッキを備え付ければ、見た目をお洒落に演出できるだけではなく、ウッドデッキの周辺に椅子やテーブルを置けばくつろぎの空間を創り出すこともできます。休憩時間にここでコーヒーブレイクを楽しんだり、読書をしたりと時間を有効に使うこともできます。休日にウッドデッキで朝食を取って、お手軽にリゾート気分を感じることができますし、お子様がいる家庭では、子供たちの絶好の遊び場として使うことができるでしょう。また、仲間を集めてバーベキューパーティをする際のパーティースペースにも使えますので、マイホームでの楽しみ方はますます広がります。更には、家庭菜園やガーデニングを楽しむこともできます。ウッドデッキの使い方は無限にあるのです。

ウッドデッキのメリット・デメリットは?

ウッドデッキを設置するメリットは、もう1つのリビングとして活用できること・様々な楽しみができること・洗濯物干しに利用できること・植物を植えられることなどが挙げられます。
ウッドデッキはリビングの隣に設置されることが多いため、窓を開けてすぐに行き来することができます。ウッドデッキに気軽に出れることで、気分転換がしやすくなる人もいるのではないでしょうか。外に出れることで、外での食事やバーベキューに活用できるのもメリットの1つです。
加えてウッドデッキは広めのスペースを確保して設置するため、洗濯物を干す際もにも活用できます。また、鉢やプランターを置いて植物を植えて栽培することもできるため、ガーデニングがしたい人には嬉しいポイントです。
反対にデメリットを挙げると、メンテナンスが必要になる・腐朽する可能性がある・塗装の手間がある・排水ルートを考慮しないと、カビができる可能性があるなどのデメリットがあります。
ウッドデッキは木製のデッキを外に置くため、常に外気に晒されます。また、長く使用することでデッキの調子が悪くなる可能性も考えられます。そのため、長いこと良い状態で使用するためにも定期的なメンテナンスが必要になります。また、ウッドデッキに使用する木材もきちんと選ばないと腐朽のリスクが高くなってしまい、腐朽が酷いとウッドデッキ自体を撤去することになってしまいます。
塗装に関しても、少しでも長く良い状態で使用するために、定期的に塗装する必要もあります。また、雨水の排水ルートを考慮した上で設置しないと、建物を傷めてしまうリスクもあるため、注意が必要です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。ここでは、注文住宅について、注文住宅でライフスタイルの創出ができること、ウッドデッキで暮らしの楽しみが増えること、ウッドデッキのメリット・デメリットについてご紹介しました。オーダーメイドでマイホームを造る注文住宅のメリットはたくさんありますが、憧れのウッドデッキを備え付けることで、ライフスタイルは大きく変わることでしょう。実用的に使えることは勿論のこと、デザインとしておしゃれを演出することも可能なのは、大きなメリットですね。メンテナンスや管理を定期的にきちんとできていれば、楽しみが増え生活が充実するツールとして大いに活用できます。
ウッドデッキが気になった方は、是非とも工務店へ相談してみて下さいね。

おすすめ関連記事